東京都千代田区のオフィス移転|三幸ファシリティーズ TOP > オフィスの地震対策

オフィス家具の転倒防止対策、おまかせください

地震大国である日本では、地震への備えが必須です。それが、多くの資産や人材を抱える企業ともなると、震災などの被害に備えることは最重要事項といえるでしょう。

三幸ファシリティーズは、オフィス環境構築のノウハウを活かした転倒防止対策を提供し、強固なオフィスの実現をサポートします。有事の後、素早くビジネスを再開するために、今、地震対策を始めませんか。

オフィス家具の転倒防止対策のポイント

オフィスレイアウトでは、以下のポイントに留意が必要です。

収納家具は、連結・固定が不可欠

収納家具を連結・固定することで、振動を受けても倒れにくくすることが可能です。倒れた収納家具の下敷きになったり、倒れた収納家具や、散乱した資料などが避難通路を塞いだりすることを避け、安全確保・避難通路確保のためにも、ケースに応じた転倒防止対策を講じましょう。

転倒防止対策に最適な方法は、オフィスのしつらえにより様々です。調査から引き渡しまで一貫してお引き受けする三幸ファシリティーズにおまかせください。

転倒防止対策の例
左右・上下連結
左右・上下連結 左右連結することで、床設置面積が広くなり、その分転倒しにくくなります。上に家具を載せる場合、下の家具と連結することで、上の家具が転倒しにくくなります。
背合わせ連結
背合わせ連結 背どうしを連結することで、床設置面積が広くなり、その分転倒しにくくなります。単体家具はできるだけ背合わせ連結をし、安全性向上を図ります。
壁固定
壁固定 壁固定金具とアンカーボルトなどにより、コンクリート壁に家具を固定します。ただし、軽鉄間仕切壁への固定の場合、十分な耐力が得られない場合があります。
床固定
床固定 専用固定金具により、コンクリート床に家具を固定します。OAフロアへの固定の際、構造強度を十分に考慮する必要があります。

上記でご紹介した転倒防止対策は、あくまで一例です。担当者がご要望を伺い、検討のうえで最適な転倒防止対策についてご提案いたします。東京(千代田区、中央区、港区)でオフィス移転をお考えでしたら、三幸ファシリティーズにお気軽にご相談ください。

  • Page Top